2022.07.30

バイエルンがレヴァンドフスキ移籍で得たもの.。大型補強でチームのムードにも変化が

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFP/AFLO

 7月30日、ライプツィヒ対バイエルン・ミュンヘンのスーパーカップでドイツの新シーズンが幕を開ける。

 この夏、ドイツでの移籍市場に関する最も大きな話題はロベルト・レヴァンドフスキのバイエルン退団だった。かねてからレヴァンドフスキに移籍願望があることは報じられていたが、オリバー・カーン社長はじめバイエルン上層部には手放すつもりがなく、2023年夏までの契約を全うすると明言。バルセロナからの過去3回のオファーは放置したとされている。

 だが5月、おそらくそんな状況にしびれを切らしていたレヴァンドフスキ本人が、インターナショナルウイーク中の取材の場で、公に退団を希望していることを口にしたことで状況は変わった。水面下では移籍金のつり上げや時間稼ぎといったドタバタ劇が展開され、ようやく決着がついたのは、すでにバイエルンが始動し、レヴァンドフスキもいったん練習に合流してからの7月半ばを過ぎてからだった。

 バイエルンがレヴァンドフスキをバルセロナに売却したことによって得た移籍金は4500万ユーロ(約63億円)、出来高でプラス500万ユーロ(約7億円)とされている。33歳以上での移籍としては、クリスティアーノ・ロナウドを獲得した時にユベントスがレアル・マドリードに支払った1億1700万ユーロ(約153億円)につぐ移籍金だそうで、これによりバイエルンに大きな選択肢が生まれたことは間違いない。

 昨季はフランス代表ダヨ・ウパメカノとオーストリア代表マルセル・ザビッツァーをライプツィヒから獲得した一方、オーストリア代表ダビド・アラバがフリーでレアル・マドリードに移籍。一昨季はドイツ代表レロイ・サネをマンチェスター・シティから獲得する一方で、スペイン代表チアゴ・アルカンタラをリバプールに売却した程度と、堅実な補強を続けてきたバイエルンだが、この夏は、久々に派手な動きを見せている。

リバプールからバイエルンに移籍したサディオ・マネ(右)リバプールからバイエルンに移籍したサディオ・マネ(右) この記事に関連する写真を見る  セネガル代表サディオ・マネをリバプールから、オランダ代表マタイス・デ・リフトをユベントスから、同じくオランダ代表ライアン・フラーフェンベルフをアヤックスから獲得。さらに、U-18フランス代表で17歳の期待のストライカー、マティス・テルをレンヌから2000万ユーロ(約28億円)で獲得している。