2022.08.04

吉田麻也が「まさかのシャルケ」と言った意味。親友・内田篤人を遠いスタンドから眺めた憧れのクラブ

  • 了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFLO

 ドイツのシーズン始まりを告げるのは、ドイツカップ1回戦だ。

 多くの場合、1部や2部のトップチームが下部リーグのホームで公式戦を行なう。ふだんのリーグ戦とは違い、まるでフレンドリーマッチのようなどこか牧歌的な空気が漂う。

 そのドイツカップ1回戦で、シャルケはアウェーで4部のブレーマーSVと対戦。吉田麻也は新加入ながらキャプテンマークを巻いて90分間プレーした。初公式戦だったが、5−0の勝利はその役目を果たしたと言っていいだろう。

ファン感謝デーでリラックスした表情の吉田麻也ファン感謝デーでリラックスした表情の吉田麻也 この記事に関連する写真を見る  試合後、ミックスゾーンに現れた吉田は、笑いながら第一声を放った。

「グーテンターク(こんにちは)」

 これ以上のドイツ語は話せないそうだ。

 試合を振り返っていく。

「いやもう、典型的なカップ戦(初戦)という感じで。質よりもフィジカル的な要素が多くて、その分、前半で試合を決められたのは大きかったですね。

 後半は(前半で)早くに点が入ったので戦いやすくなりましたけど、ほかのカップ戦を見ててもなかなか、シュツットガルトもレバークーゼンも苦戦していたので、そうはなりたくないな、という入りだったんですけど(後半の序盤は少々苦戦)。うまくいい形で試合に入ったのでよかったです」

 吉田の言葉どおり、特に戦術的にピンチになるわけではないが、それでも相手は屈強であったり、対人に強かったりはする。気は抜けないが、質が高いわけではない試合だった。

 試合は立ち上がり3分、12分と立て続けに点を奪い、相手の戦意を落とすとそのまま33分、39分と得点し、前半のうちに試合を決めた。

 後半に入り、危ないシーンはいくつかあった。ペナルティエリアに侵入され、1対1で吉田が対応したが、フェイントからのシュートを許した。また、相手のシュートを吉田が足でカットしたところ、枠すれすれに飛びひやりとさせられた。だが、10分過ぎに落ち着くと試合はそのまま進行し、83分に追加点を奪って5−0で勝利した。