2021.06.27

FC東京育ちの原大智、リーガ入りの舞台裏。アラベスでの活路は「大型FW」である点か

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

「(スペイン1部)デポルティーボ・アラベスは、日本人ストライカーの原大智と2023年6月末までの2年契約にサインしたことを発表した。22歳の原は、身長190㎝で両足を使いこなす。機動力に優れ、俊敏で、得点センスに長けるFWだ」

 6月24日、スペインの大手スポーツ紙『アス』は期待を込めて、そう打電している。

 原は昨シーズン、クロアチア1部リーグのNKイストラ1961で14試合出場2得点。定位置をつかんでチームの1部残留に貢献した。また、クロアチアカップでは4試合連続の6得点で決勝進出の立役者になった。決勝戦では、クロアチア代表選手をずらりとそろえたディナモ・ザグレブに対し、ヘディングとクロスに合わせた左足で2得点を叩き込んだ。

 2020年夏、FC東京から海を渡った原はクロアチアでの実績を引きさげ、1年で世界最高峰リーガ・エスパニョーラの扉を叩いている。それはひとつの冒険譚と言える。結果を残せば、誰にでも成り上がれるチャンスがあるのだ。

去年までFC東京に所属。クロアチアのNKイストラ1961を経てアラベスに入団した原大智去年までFC東京に所属。クロアチアのNKイストラ1961を経てアラベスに入団した原大智 この記事に関連する写真を見る  もっとも、原は固く閉じた門の前に立ったにすぎない。

「原はプレシーズンキャンプに合流することが決まった」

『アス』はそう強調している。つまり、実状はトライアルに近い。

「2019年にアラベスでプレーした乾貴士は国際的な選手だったが、原は国際的には無名。まずはトップチームに登録メンバーとして入れるか。場合によってはレンタル、もしくは4部リーグのセカンドチームでのプレーになるだろう」

 アラベスは2018年夏にイストラの株式の85%を買い取って、提携クラブとしている。パス保有選手であるカメルーン代表GKファブリセ・オンドアやスペイン人選手をイストラに武者修行に行かせるなど、すでに人材交流が活発になっている。原の契約はその一環で、逆に"お試し期間"でうまくいかなかったら、"復帰"も十分に考えられる。

 原は、まずはプレシーズンで生き残りをかけることになるだろう。

 昨今、凋落が囁かれるリーガだが、今でも各国代表や気鋭のスター候補がごろごろいる。実績と実力を兼ね備え、さらに運に恵まれた選手でなければ、活躍するのは難しい。そこは修羅の世界だ。