2021.05.29

ジダン、ラウル、フィーゴ、ロベカル…。銀河系軍団、20年後のそれぞれ

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 最終節までもつれ込んだ今シーズンのラ・リーガは、首位アトレティコ・マドリードの優勝で幕を閉じた。最後に涙を呑んだ王者レアル・マドリードでは、ジネディーヌ・ジダン監督がフロレンティーノ・ペレス会長と会談を設け、今シーズン限りでの退任が決定。2期にわたってチャンピオンズリーグ3連覇を含めた計11ものタイトルに導いたひとつの黄金期に、終止符を打つこととなった。

 メディアでは早くもジダンの後任監督候補が話題となっており、ユベントスの次期監督候補にも挙がっているイタリア人マッシミリアーノ・アッレグリのほかに、現在レアル・マドリード・カスティージャ(レアル・マドリーBチーム)の指揮を執るラウル・ゴンサレスの名前も挙がっている。

昨年のUEFAユースリーグで監督として優勝した時のラウル昨年のUEFAユースリーグで監督として優勝した時のラウル この記事に関連する写真を見る  仮にジダンの後任がラウルとなれば、マドリディスタにとっては感慨深いものがあるはず。そう、ふたりはともに2000年代初期に「銀河系軍団」を形成した、レジェンド中のレジェンド。あの華やかな時代を思い起こさずにはいられないからだ。

 そこで気になるのが、あの時代を彩ったレジェンドたちが今、何をしているのか、である。ここでは、「銀河系軍団」の中心選手たちの現在を追ってみた。

 まずは、当時不動の守護神としてゴールマウスを守り続けた名GKイケル・カシージャス

 2015年にレアル・マドリードを退団したカシージャスは、その後、ポルトガルの名門ポルトでプレーした。しかし2019年5月、急性心筋梗塞により現役続行が不可能となってしまい、昨シーズンはスタッフとしてチームに帯同。昨年7月に契約満了で退団が決まると、翌月に現役引退を表明した。

 そして昨年12月、レアル・マドリード・ファンデーションのゼネラル・ダイレクターの補佐役として古巣のフロント入りを果たし、第2の人生を歩み始めている。

 次は、2000年から5シーズンにわたって銀河系軍団の中心となったルイス・フィーゴ

 2009年にインテル(イタリア)で現役を退くと、ポルトガル語、英語、スペイン語、イタリア語、フランス語を操るマルチリンガルぶりを生かし、様々な方面で活躍。母国ポルトガルでバーを経営するほか、インテルのアンバサダーやUEFAのアドバイザーを務めるなど、監督業に興味を示すことなく、違った立場でサッカー界に貢献している。