2021.05.08

メッシの行方、ビッグクラブ経営危機…欧州サッカー界の今季10大ニュース

  • 中山淳●文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFP/AFLO

 2020-21シーズンのヨーロッパサッカーも、いよいよ閉幕が近づいてきた。新型コロナウイルスの影響により無観客試合が日常化するなど、通常とは異なるシーズンとなったが、それでも話題には事欠かず。今シーズンもさまざまなニュースが世界を駆け巡り、サッカーファンの関心を呼んだ。そのなかから、現時点でのトップ10ニュースを選んでみた。

今季の終了とともに、再び去就が話題となること必至のリオネル・メッシ(バルセロナ)今季の終了とともに、再び去就が話題となること必至のリオネル・メッシ(バルセロナ) この記事に関連する写真を見る 10位:名門シャルケが30年ぶりに2部降格

 内田篤人が長く所属したことで日本のサッカーファンの間でも有名なドイツの名門シャルケは、4試合を残す時点で最下位が決定。30年ぶりに2部降格になった。開幕14試合未勝利と最悪のスタートを切ると、4度の監督交代を行なったが、立て直すことはできなかった。

9位:フランスのリーグ・アン放送権を巡る大混乱

 フランスのリーグ・アン(およびリーグ・ドゥ)の放送権が、シーズン開幕後、資金難に陥ったメディア・プロ社によって破棄されるという大騒動があった。結局、カナル・プリュス社が新たに契約を結んで放送を引き継いだことで決着を見たが、リーグおよびクラブは放送権料収入の大幅減を強いられるなど、放送権の在り方が問われることとなった。

8位:ユベントスのセリエA連覇が9でストップ

 クラブのレジェンド、アンドレア・ピルロを新指揮官に据えたユベントスだったが、序盤から戦いが安定せず、10連覇はならず。代わって11シーズンぶりの優勝を果たしたのはアントニオ・コンテ率いるインテルだった。

7位:元イタリア代表FWパオロ・ロッシ氏が他界

 1982年スペインW杯で得点王に輝き、イタリアを44年ぶりの優勝に導いた名ストライカー、パオロ・ロッシ氏が、2020年12月9日、肺がんのため64歳で逝去した。

6位:バルセロナ新会長選挙でラポルタ氏が勝利

 ジョゼップ・マリア・バルトメウ前会長の辞任を受けて行なわれた、「バルサ・ゲート」などと呼ばれて黒い噂が絶えないバルセロナの会長選挙。今回はジョアン・ラポルタ氏が勝利を収め、新会長に就任した。2005-06シーズンのチャンピオンズリーグ優勝など、黄金期を築いたラポルタ会長が、再びバルセロナを復活させることができるか、要注目だ。