2021.01.30

セリエA前半戦のサプライズ。ミラン復活、ユベントス不振、ベネベント奮闘

  • パオロ・フォルコリン●文 text by Paolo Forcolin
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 セリエAの前半19試合が終了した。現在の順位は、首位ミラン(勝ち点43)、2位インテル(41)、3位ローマ(37)、それに勝ち点36のユベントス(ただし1試合少ない)とアタランタが続く。開幕前には予想もしなかった状況だ。

 一番のサプライズはミランだろう。ステファノ・ピオリ監督(とズラタン・イブラヒモビッチ)のチームは、すばらしい歩みを見せている。ここ何年もの間陥っていた二流チームの空気を一掃し、ライバルたちの前に出た。

 この「ミランの奇跡」の立役者は、イブラヒモビッチだと言われがちだ。もちろんそれもあるのだが、真の功労者は監督のピオリだろう。もともとは昨季かぎりの契約だったが、若手を中心にチームを作ったうえで、経験豊かで並外れたカリスマ性を持つイブラヒモビッチに、非常にうまい形でリーダーシップを与えた。これはピオリの手腕である。

 イブラヒモビッチはケガとコロナ感染で欠場も少なくなかった。それでも12ゴールをマークし、若い選手たちに勝者のメンタリティを叩き込んだ。今のミランにはなくてはならない男だ。おまけにこれからの後半戦、イブラヒモビッチは、マリオ・マンジュキッチとともに戦う。ユベントスが軽率にも手放してしまったマンジュキッチは、カタールでの短い経験の後に、また本当の戦いの場に戻って来た。ICコンビ(イブラヒモビッチとマンジュキッチ。名前の最後の文字がIⅭなのでこう呼ばれている)の活躍をミラニスタは心待ちにしている。

15得点で得点ランキング首位に立つクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)photo by AFP/AFLO15得点で得点ランキング首位に立つクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)photo by AFP/AFLO  シーズン2つ目のサプライズは、首位から7ポイント差で4位となっているユベントスだ。ナポリとのホーム戦が1試合足りない(第3節でナポリにコロナ陽性者が出たため。いったんはユベントスの不戦勝となったが、その後、延期となった)とはいえ、9連覇中のユベントスにとってはあってはならない順位である。

 監督がマウリツィオ・サッリからアンドレア・ピルロに代わり、チームは過渡期にあるとわかっていても、これはショッキングな出来事だ。"マエストロ"ピルロはこれが監督として初めてのシーズンである。ピッチで自分がプレーするのと、ベンチで指揮をするのとでは勝手が違うのだろう。