2021.01.30

ファンが夢見るバルサスタイルの復活へ。カギを握る18歳ペドリの活躍

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第43回 ペドリ

<イニエスタのクローン>

 バルセロナの18歳、ペドリ(ペドロ・ゴンサレス・ロペス)は「イニエスタのクローン」と呼ばれているらしい。プレーぶりを説明するのに、これ以上の言い方はないだろう。

イニエスタのようなプレーをするバルサの18歳、ペドリに注目が集まっている 相手と相手の中間ポジションに入り込んでパスを受け、相手を動かすことで生じる穴を的確に突いていく。ポジショニングのうまさ、ファーストタッチの柔らかさ、パスを出すタイミングなど、アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)と確かによく似ている。

 いかにもバルセロナのカンテラ育ち(カンテラーノ)といった雰囲気なのだが、ペドリがバルサの育成チームにいたことはない。カナリア諸島の出身で、地元のユースチームを経てラス・パルマスのユースからトップと契約したのが16歳、次のシーズン(2020-21)にバルセロナに移籍した。

 その経歴を知らなければ、バルサの育成出身にしか思えない。それぐらいバルサのスタイルにフィットしている。どうも父親がバルサのファンだったらしく、ペドリも子どものころからイニエスタに憧れてテレビでプレーをよく見ていたそうだ。もちろん、それだけで「イニエスタのクローン」になれるはずはなく、才能に恵まれていたのは間違いない。

 ヨハン・クライフ監督が「ドリームチーム」で黄金時代を築いてから、バルサスタイルはスペインに多大な影響を与えた。プレースタイルは徐々に浸透し、すべてのクラブが同じスタイルではないにしろ、バルサのやり方は部分的には取り入れられていった。ラス・パルマスも例外ではなかったはずだ。バルサと同じものを目指していなくても、スペインでバルサのスタイルを知らない人はいない。

 ペドリは体格も小柄で、特別なフィジカル能力に恵まれているタイプではない。ペドリがテレビでバルサを吸収できたなら、日本の少年たちにも同じことができるのではないかと思った。バルサスタイルを身に着けバルサでプレーするために、カンテラに所属しなくても大丈夫だというのがペドリで証明されたのだ。