2021.01.26

久保建英、「存在証明」できず。課題は強豪チームを崩し切れるか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 1月25日、ヘタフェは敵地でアスレティック・ビルバオと戦い、5-1と大敗を喫している。

 スペインスーパーカップでレアル・マドリード、バルセロナを撃破して戴冠したアスレティックは、屈強さで上回った。まるで押し太鼓に背中を後押しされるような苛烈さで前にボールを入れ、カウンターで突っ込む。勢いのまま敵陣でファウルを誘うと、イケル・ムニアインが精度の高いボールを入れ、空中戦にめっぽう強い選手たちが雪崩れ込んだ。

 もともと、ゴール前の強度はリーガ・エスパニョーラでも屈指。先制を許した後に同点弾をジャンピングボレーで決めたラウル・ガルシアは「空飛ぶ猛牛」とも言われる。クロスに入る迫力は満点で、3点目のヘディングシュートも見事だった。

 久保建英は、"獅子"の異名を取るアスレティックを相手にどう戦ったのか――。

アスレティック・ビルバオ戦に先発、68分までプレーした久保建英(ヘタフェ) 試合開始数秒でヘタフェは先制したが、そのシーンで久保はチームプレーヤーとしての仕事をやり遂げている。

 敵陣へいっせいに入って味方全員で相手をはめ込む中、久保はクリアに似たパスに対し、感覚的に足を出して引っ掛けている。そこで間髪入れず、ペナルティエリア内で動き出したハイメ・マタへパス。これを一度、外側に戻したボールをカルレス・アレニャが左足でファーに入れると、マルク・ククレジャがヘディングで仕留めた。

「久保はわずか20秒で、テクニックの選手だけではないことを証明した!」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、相手パスをインターセプトしたプレーを絶賛している。

 ビジャレアルから移籍して以来、久保はアレニャ、ククレジャというラ・マシア(バルサの下部組織)出身選手と息の合ったプレーを見せている。いつ動き出し、どこでボールを動かすか。そのリズムに手ごたえがあるからか、守備でも迷いがない。

 リードしたヘタフェは自然とラインが下がり、アスレティックにパワーで押されたこともあって、久保も守備での消耗を余儀なくされることになった。小さい体をぶつけてヘディングを競り合い、右サイドバックのダミアン・スアレスを堅実にサポート。ヘタフェのサイドプレーヤーとして、改めて及第点を付けられた。