2021.01.25

サッカーIQで勝負。相手を手玉にとるマンチェスター・シティの連動

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
デ・ブライネにパスを戻したあと、フォーデンはどう動いたか

 今季のマンチェスター・シティはセルヒオ・アグエロのケガやガブリエル・ジェズスの新型コロナウイルス感染など、ふたりのストライカーがまともにピッチに立てていない。主力が揃わないことで、昨季までのような得点力はなりを潜めている。

 18試合消化時点でチーム内得点ランキング1位が、イルカイ・ギュンドアンとラヒーム・スターリングの5得点というところからも、苦戦ぶりはうかがえる。それでもシティはリーグ最少失点で苦しい試合でも勝ち点を重ね、優勝争いの最前線にいる。

 そしてストライカー不在の事態を、シティはチーム全体のクオリティの高さで補ってきた。第18節ブライトン戦の1-0という勝利も、まさにそんな試合である。

デ・ブライネにボールが戻った瞬間。フォーデンはどう動いたかデ・ブライネにボールが戻った瞬間。フォーデンはどう動いたか  前半44分の得点シーンだ。左サイドタッチライン際に開いたフィル・フォーデンが、ケビン・デ・ブライネから一度パスを受け、それをベルナルド・シウバ経由で戻した。

 次の瞬間、フォーデンはどう動いただろうか。