2020.08.28

久保建英のクオリティは確実に上がる。
見えてきたビジャレアルの陣容

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

 2020-21シーズンの開幕に向けて、久保建英を擁するビジャレアルは、すでに2試合を戦っている。カルタヘナ(3-1で勝利)、テネリフェ(2-3で敗北)という2部のクラブとのテストマッチだ。シーズンに入るための調整試合だけに、勝敗そのものは重要ではない。

「こうした試合を重ねることで、チームは戦い方を見つけていく」

 指揮官であるウナイ・エメリも、そう明言している。

 しかし、すでに"兆し"のようなものは見える。昨シーズンはリーグ戦5位で、今季はヨーロッパリーグにも出場するビジャレアルは、新シーズンをどのように戦うのか。

 そして、久保に求められるものとは――。

テネリフェ戦は前半のみの出場だった久保建英(ビジャレアル) カルタヘナ戦、テネリフェ戦と、エメリ監督はオーソドックスな4-4-2を主に用いている。これは、選手の適性や能力を見極めるためだろう。選手を先発、控えと決めることなく、ミックスして起用している段階だ。

 バックラインは、GKセルヒオ・アセンホ、DFは右からルベン・ペーニャ、ラウール・アルビオル、パウ・トーレス、アルベルト・モレノで構成するのが、ひとつの基本型か。ただ、アルビオルは合流が遅れており、トーレスはオウンゴールなど失点に絡み、モレノは負傷。MFも、軸になるはずのダニエル・パレホのプレーが低調で、フィットするのに時間がかかるかもしれない。

 一方、攻撃のエースは、スペイン代表FWジェラール・モレノになりそうだ。

 ジェラール・モレノは、昨シーズンも18ゴールで、得点ランキングは3位。サラ賞(スペイン人得点王)を獲得している。カルタヘナ戦、テネリフェ戦では2トップの一角でプレーしながら、積極的にサイドへ流れ、タイミングよく中盤まで落ち、プレーメイクに参加している。どちらの試合でもアシストを記録するなど、万能のゴールゲッターだ。

 そして、2試合を通じて脚光を浴びているのは、久保と同じ19歳の2人のアタッカーである。どちらもビジャレアル下部組織育ち。昨シーズン限りでサンティ・カソルラのような古参選手が退団し、若い力が台頭しつつある。