2020.08.31

バルサの希望は17歳。アンス・ファティは狭小スペースを平然と打開

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
アンス・ファティはこの状況をどう打開したか?

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でバイエルンに大敗し、2007-08シーズン以来の無冠となったバルセロナ。

 キケ・セティエン監督は解任となり、ロナルド・クーマン監督の就任が発表されると、多くの主力選手放出の噂やリオネル・メッシの退団希望が報じられるなど、メディアを大いに賑わしている。

 そんな時代の転換期を迎えようというバルセロナに、次の時代へ希望の光を灯すのがアンス・ファティだ。カンテラ出身のファティは、今季第2節で16歳298日というクラブ史上2番目の若さでトップデビューを果たすと、最年少ゴールや最年少先発出場など、クラブ史を次々と塗り替えた。

 左サイドを主戦場とするファティは、類稀なドリブルスキルと高い得点能力を備えた、バルセロナらしいウイングプレイヤーだ。

 17歳40日というCL史上最年少ゴールを決めたインテル戦でも、その才能の片鱗を披露している。

インテルの3選手に囲まれたファティ。この状況をどう打開したか? 後半41分、バイタルエリアでボールを持ったファティを、インテルの3選手が囲んだ。ファティはここをどう打開しただろうか?