2020.06.15

来季も現役の長谷部誠に福田正博が
期待すること「彼ならできる」

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by AFLO

福田正博 フットボール原論

■長谷部誠がブンデスリーガでアジア人最多出場記録を更新。浦和レッズ時代から彼を見つづけてきた福田正博氏が、その成長とドイツでの変化、今後への期待について語る。

ブンデスリーガのアジア人最多出場新記録をつくった長谷部誠 長谷部誠が、ドイツ・ブンデスリーガにおけるアジア選手の最多出場の新記録を樹立した。

 2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルクに移籍し、そこから約13年間でニュルンベルク、フランクフルトと移りながら、6月6日のマインツ戦で309試合目の出場を果たした。

 2002年に藤枝東高から浦和レッズに入団した頃の長谷部を知っているだけに、"あの少年"がドイツで記録をつくり、これほど長くプレーできていることは感慨深い。浦和に入団した頃の長谷部は気が優しくて、あまり自己主張しないタイプだった。プロの世界で生き抜いていくには、その優しさはネックになるかもしれないなと思っていたほどだ。

 もちろん、才能は間違いなくあった。

 長谷部が1年目の浦和レッズは、監督がハンス・オフト、コーチがビム・ヤンセンで、彼らは私に「長谷部が今後、チームの中心になる」とたびたび語り、期待していた。