2020.06.15

バルサの組織攻撃の神髄を見た試合。
相手を苦境に追い込む方法

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ
〜勝負を決めるワンプレー~

Question
ここからバルセロナはどう崩したか?

 今年1月にキケ・セティエンを新監督に迎えたバルセロナ。リーガが再開した現在、レアル・マドリードとし烈なタイトルレースを演じている。

 バルセロナはストライカーのルイス・スアレスが1月カップ戦で右ヒザを負傷(再開後のリーガで復帰)。直後のチームは大きな得点源であるエースストライカーを失い、大黒柱のリオネル・メッシへの負担がより大きくなっていた。

 しかし、組織での攻撃にも優れているのが、バルセロナの特徴でもある。第23節のベティス戦のゴールは、まさにそれを印象づけるシーンとなった。

メッシがボールを持ちながらルックアップするお馴染みの形。ここからバルセロナはどう崩したか 前半9分、メッシが中盤でボールを持ち、中へ切り返すと左サイドにアントワーヌ・グリーズマン、中央にはアルトゥーロ・ビダルとフレンキー・デ・ヨングがいた。さて、ここからバルセロナはどう崩したのだろうか?