2020.06.01

岡崎慎司にウエスカファンもぞっこん。
リーガ2部で最高評価されている

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

リーガに挑んだ日本人(15)

 これまで、日本代表選手としてスペインのサッカー関係者から圧倒的に高い評価を受けたのは誰か?

 それは2019-20シーズンからリーガ2部ウエスカでプレーするFW岡崎慎司である。

「リーガ1部の中堅クラスのクラブでプレーできる能力」

 長期にわたって日本代表のスカウティングリポートを綴ってきたスペイン人指導者、ミケル・エチャリは、2009年時点で、岡崎にどの代表選手よりも高い評価をつけていた。

26試合出場8得点。チーム得点王の岡崎慎司(ウエスカ)「ゴール前のポジション取りが天才的で、ディフェンスライン、パス、自分の走りこむスペースを瞬時に計算し、最高の答えを出せる。とりわけゴール前、ダイアゴナルに走りこむ感覚は満点だ」

 日本では、"がむしゃらさ"が前面に押し出されがちだが、スペイン人スカウトたちはそのようには捉えていない。ポジションの予備動作に着目。その知性を激賞している。

 岡崎のスペイン挑戦は、待ち望まれたものだった。

 2010年南アフリカワールドカップを前に、筆者は岡崎をインタビューしている。