2020.06.01

「神童」の神業パス。味方にボールを
届ける大切なポイントがわかる

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ
〜勝負を決めるワンプレー~

Question
ウーデゴールは、どこへパスを出したか?

 今季、レアル・ソシエダはラ・リーガ4位につけ、2012-13シーズン以来のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けてし烈な争いを演じている。その躍進の中心にはひとりの若き天才がいる。ノルウェー代表の21歳、マルティン・ウーデゴールだ。

 ウーデゴールは2014年にストレームスゴトセトで15歳118日という若さでプロデビュー。創造性あるプレーでノルウェーの神童と謳われた。16歳になると数多のビッグクラブからオファーが殺到するなか、レアル・マドリードが獲得に成功した。

 しかし、鳴り物入りで加入しながらトップチームに定着できず、レンタルでの武者修行に出る。過大評価の烙印を押されたウーデゴールだが、オランダで着実に才能を磨いた。そして今季レアル・ソシエダで公式戦28試合に出場し、7得点8アシストとその力を証明している。

前線には3人の味方が。 第6節アラベス戦は、その創造性を象徴するシーンが生まれる。前半19分、ウーデゴールが中盤で前を向くと、前線には味方が3人いた。このあと、ウーデゴールはどこへパスを出しただろうか?