2020.05.03

ロベカルが語る久保建英「工夫が見える」。
リーガ再開に向け注目点は

  • 栗田シメイ●取材・文 text by Kurita Shimei

 世界中に感染が拡大する新型コロナウイルスは、スペインにも深刻な影響をもたらしている。感染者数は20万人を超え、死者は2万5000人に迫っている(4月30日時点)。街のロックダウンは一部解除されたが、スペイン人にとって何よりの楽しみである、リーガ・エスパニョーラ再開を望む声も上げにくい状況だ。

 レアル・マドリードで活躍し、引退後もマドリードに居を構えるロベルト・カルロスは、その惨状を目の当たりにしてきた。現在、同クラブのアンバサダーを務めるロベカルが電話インタビューに応じ、リーガ・エスパニョーラ再開への展望や、マジョルカに期限付き移籍中の久保建英など注目選手について言及。さらに、親日家として日本の状況を憂い、「STAY HOME」の徹底を願うメッセージも寄せた。

リーガ挑戦1年目で3得点を挙げているマジョルカの久保建英  photo by Mutsu Kawamori――まずマドリードの状況を教えて下さい。

「スペインでは3月27日からロックダウンが行なわれており、スーパーと薬局に行く以外は外出できない状況が続いている。用がないのに街に出る人はほとんどいないし、許されない。スペインではたくさんの死者が出て、1日で1000人を超えることもあったからね。

 ただ、今はその数もピーク時の半分以下になり、(4月26日からは)1時間以内であれば外出、散歩などが許可されるようになったんだ。少しずつではあるけど、徐々に規制は緩和されていくと思うよ」

――多くの方が新型コロナウイルスに苦しんでいますが、現在の心境は?

「マドリーの元会長であるロレンソ・サンス氏も、新型コロナウイルスに感染し亡くなってしまった......。彼が会長の時に、私はマドリーに加入したんだ。たくさんの思い入れがあるので本当に残念だよ。とにかく今は耐えること。それしかできないし、世界中がその意識を持たないといけない」