2020.05.03

岡崎慎司が語るモチベーションの源。
「欧州でやり残したことがある」

  • text by Sportiva
  • photo by AFLO

26試合8ゴール中の岡崎慎司。リーグ再開に向け練習に励む スペインでは、新型コロナウイルスの感染者数が世界で2番目に多く(5月2日現在)、厳しい外出制限が敷かれてきた。スペインリーグも中断し、2019年9月からスペイン2部のウエスカに所属する岡崎慎司も、自宅待機をしている一人だ。岡崎は現在どのような生活を送っているのか、直接本人に聞いてみた。

「すでに40日以上、自宅待機が続いているんですが、僕はほとんど家から出ていません。幸いにも自宅には庭があって、そこで太陽を浴びたり、子供たちとサッカーをしたりしていますので、すごくストレスがたまっているわけではありません」

 岡崎はこの状況下でも、日本サッカー協会を通して、自宅でできるトレーニング動画を公開したり、同じアラゴン州のサラゴサに所属する香川真司とともに、おちゃめなメッセージ動画を送ったりと、積極的に情報発信をして、日本のサッカーファンやサッカー少年を元気づけてきた。

 しかしスペインのお隣フランス、そしてオランダではリーグ戦が中止に追い込まれ、スペインリーグもいつ中止になるかわからない状況だった。そんな中、一人自宅で黙々とトレーニングを続けることは容易ではなかったはずだ。