2020.04.30

敵もビビる弾丸サイドチェンジ。
リバプール両SBの武器は「足の強さ」だ

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第6回 トレント・アレクサンダー=アーノルド&アンドリュー・ロバートソン

<サイドバックのアシスト記録>

 2018-19シーズン、リバプールの右サイドバック(SB)、トレント・アレクサンダー=アーノルドは12のアシストを記録した。DFのシーズンアシスト記録としてギネスブックにも認定されている。左のアンドリュー・ロバートソンも11アシスト。ふたり合わせて23アシストである。

大活躍するリバプールの両SB、アレクサンダー=アーノルド(写真中央)とロバートソン(写真右) リバプールの両SBがいかに攻撃に貢献しているかの証左だが、このふたりがモダンなSBかと言うと実はそうでもない。むしろ古典的SBの進化形と言うべきかもしれない。

 現代フットボールでSBの攻撃面での役割は、どんどん大きくなっている。後方からゲームを組み立てる際、SBは高い位置へ移動していくことが多くなった。高い位置のタッチライン際にいるSBには自然とボールが集まり、ここを起点に攻め込みが行なわれるようになっている。必然的にSBにはプレーメーカーとしての資質が求められているのが現状だ。