2020.04.28

ドログバが何度も起死回生のゴール。
チェルシーCL初制覇の原動力だった

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by AFLO

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(9)
ディディエ・ドログバ(2011-12)

 貴重なゴールを奪ったディディエ・ドログバがヒザを折って滑り込み、目前のスタンドのサポーターたちと共に歓喜する。あるいは独走しながら、両手でリズムよく宙を切るようなゴールパフォーマンス──。

数々の劇的なゴールで、チェルシーをCL初制覇に導いたドログバ 2011-12シーズンの欧州フットボールを振り返ると、何よりもまず、そんな光景が思い浮かぶ。

 ただし、このシーズンを33歳で迎えたベテランFWは、年間を通してハイパフォーマンスをつづけたわけではなかった。とくにプレミアリーグでは、途中にコートジボワール代表としてアフリカ・ネーションズカップに参加したとはいえ、24試合5得点。トップレベルのストライカーにふさわしい数字ではない。また新任のアンドレ・ビラス=ボアス監督が求心力を失ったチームは、途中に監督交代を経て、リーグ戦を6位で終えている。

 そんなチェルシーが欧州の舞台ではしぶとく勝ち進み、チャンピオンズリーグ(CL)で悲願の初優勝を飾った。その立役者がドログバだった。