2020.04.29

コロナも影響? ネイマール家は
母親に30歳年下の恋人出現で戦いが勃発

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 コロナウイルス感染拡大の影響で、家族が家で顔を突き合わせる時間が長くなっている。そんななか、ネイマール家ではある戦いが静かに進行中だ。

 発端はネイマールの母親、ブラジルでは「ネイマエ(ネイママの意味)」と呼ばれているナディーンさんだ。少し前にネイマエは、自身のSNSで新たな恋を公表した。お相手は52歳の彼女より30歳年下のチアゴ・ラモス。モデルでかなりのイケメンだ。「この世界には時に説明できなこともおこる」のコメントとともにラブラブなツーショットを載せていた。

ネイマールと母親の恋人チアゴ・ラモスの2ショット ネイマールの母ということと、そして年の差もあって、このニュースはブラジル中、いや世界中に報道された。しかしそれから数週間後、今度は2人の破局が報じられた。一部ではチアゴがゲイで、ネイマエと付き合ったあとも複数の男性と関係していることが発覚したからだとも言われているが、真相は少し違う。

 家族はネイマエの新しい恋を、表向きには応援しているように見せていた。