2020.04.29

史上最多のバロンドール6回受賞。
メッシのベストシーズンとは?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by ben radford/Corbis via Getty Images

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(10)
リオネル・メッシ(2010-11)

 U-17ワールドカップやU-20ワールドカップなど、ユース年代の国際大会を長年見ていると、結果として、のちにスーパースターと呼ばれる選手の若かりし頃を数多く目にすることになる。と同時に、10代から見ていた選手には、やはり相応の思い入れが生まれてくるものだ。

 リオネル・メッシの場合もそうだった。

 メッシのプレーを初めて生で見たのは、2005年のワールドユース選手権(現U-20ワールドカップ)。U-20アルゼンチン代表で背番号18を背負っていた、当時18歳のメッシは、世界中からスター候補が集まる大会にあっても、ちょっとした”顔”だった。体の小さなレフティは、直前の2004-05シーズン、すでにバルセロナでトップデビューを果たし、リーガでのクラブ史上最年少記録(当時)となる初ゴールまで決めていたからだ。

 実際、話題の18歳はスゴかった。

 登録上の身長は、170cm。だが、手足が短く、その姿は、数字以上に小柄に見える。どことなく大きめのユニフォームを”着せられている感”も、彼を一層小さく見せ、前評判に見合った貫禄はどこにも見当たらなかった。

 ところが、一見頼りなさげな少年は、ひとたびボールを持つと、別次元のプレーを披露した。2トップの位置から少し下がってボールを受けると、足にボールが吸いついているかのごとく、緩急自在に流れるようなコース取りでスルスルとDFをかわしていった。

 メッシは、グループリーグこそ、チームの調子もイマイチ(2勝1敗の2位通過だった)とあって、1ゴールを記録するにとどまったが、決勝トーナメントに入ると、一気に爆発。決勝までの4試合すべてでゴールを決める活躍で、アルゼンチンを世界一へと導いた。と同時に、トータル6ゴールで得点王と大会MVPを獲得した。