2020.04.09

レアルを救った2人のポルトガル人。
カギは「敵をKOする力」だった

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

レアル・マドリード王者の品格8

 現在、レアル・マドリードはドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの獲得に向け、本腰を入れている。昨年の夏もリストには名前があったが、その時は6000万ユーロ(約72億円)でセルビア代表ルカ・ヨビッチを獲得したことで、見送っていた。その後もハーランドはザルツブルク、ドルトムントで得点を量産し続け、獲得にゴーサインが出た。2021年1月以降、ハーランドの移籍違約金は7500万ユーロ(約90億円)に下がる契約になっており、そこがXデーになりそうだ。規定の変更で、チャンピオンズリーグ(CL)も、同シーズンに別の2チームでプレーすることが可能になっている。

 レアル・マドリードは、「Pegada」を求め続ける。「Pegada」とは、スペイン語で「打撃」を意味する。相手をKOできる力だろう。端的には「敵を血祭りにあげるストライカー」とも言い換えられる。

2009年、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍したクリスティアーノ・ロナウド 過去、レアル・マドリードでリーガ・エスパニョーラ得点王になったのは、アルフレッド・ディ・ステファノが最多の5回。以下、ウーゴ・サンチェス、フェレンツ・プスカシュが4回、クリスティアーノ・ロナウドが3回、アマンシオ・アマーロ、ラウル・ゴンサレスが2回、フアニート、エミリオ・ブトラゲーニョ、イバン・サモラーノ、ロナウドが各1回。それらの年はチームが覇者だった時代と、ほぼ符合している。