2020.04.08

レアル「銀河系軍団」の瓦解──。
会長の強権がもたらした冬の時代

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

レアル・マドリード王者の品格7

 2018年6月、レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、世界を驚かせている。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げた直後、唐突に退任を発表したのだ。

「マドリードが勝ち続けるには、変化が必要なのです」

 ジダンは、辞任の理由をそう語った。常勝を義務づけられたチームを統率するストレスは尋常ではない。消耗は激しかったはずだ。

 しかし理由がやや具体性を欠いたことで、憶測も広がった。フロレンティーノ・ペレス会長との軋轢である。

2003-04シーズン、デイビッド・ベッカムの加入で完成した「銀河系軍団」の面々 ペレス会長は、2009年6月から2度目の会長職を務めている。銀河系軍団をつくった時の独裁色は消えたが、その性格は変わらない。スペイン代表GKケパ・アリサバラガ(現チェルシー)を現場に押し付け、困惑させた(ジダンは当時レギュラーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスを支持し、契約を事実上、拒否した)。そしてクリスティアーノ・ロナウドの高額年俸要求をはねつけ、交渉は決裂。ジダンの次の監督人選も行なっていたと言われる。