2020.03.26

バルサの伝統の結晶であるメッシは、
バトンを渡すことができるか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

バルセロナの不安定な魅力

 今シーズン、リオネル・メッシはリーガ・エスパニョーラで22試合に出場し、リーグトップの19得点を記録している。1試合平均1点近くで、相変わらず驚異的な得点力を誇る。彼の場合、「ノーゴール」がニュースだ。

 瞠目すべきは、2008-09シーズンに23得点して以来、10シーズン以上、その数字を下回っていない点にある。「無事これ名馬」というのか、スランプもない。2011-12シーズンにはシーズン50得点の大記録を達成。スキルの高さやスピード、緩急の変化、ビジョンなど、能力の高さをいくら書き尽くしても説明が足りないほど、別次元の選手だ。

 メッシは、ヨハン・クライフが土台をこしらえた下部組織「ラ・マシア」で育った。クラブの歴史を正当化する、バルサの結晶だ。

2月のレバンテ戦の直後、バルサ幹部との確執がニュースとなったリオネル・メッシ 2004-05シーズン、メッシは17歳でフランク・ライカールトに見込まれ、トップデビューを飾っている。以来、ことごとく予測を裏切ってきた。強大な敵が前に立ちふさがると、それを越える逞しさを見せ、進化を遂げたのだ。