2019.04.03

バルサ新プロジェクトの全貌を独占取材。
「サッカーの未来」とは?

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】バルセロナと「未来のフットボール」(1)

 リーガ・エスパニョーラで26回目の優勝へ向けて突き進むFCバルセロナ。だが、グローバルな人気を誇るこのクラブの目標は、ただ勝つことだけではない。医学や栄養学、データ分析、バーチャルリアリティ(VR)など、さまざまな分野の最新鋭の研究を通じて、フットボールの進化に貢献しようとしている。

 これまでバルセロナは、プロジェクトの全貌をほとんど明らかにしていなかったが、先ごろサイモン・クーパーに特別に取材を許可した。バルサの描く未来のフットボールとは、どのようなものなのか。クーパーの現地リポートを4回にわたってお届けする。

 ベースボールキャップをかぶった小柄な男が、高級SUVに乗って選手用の駐車場に入ってくる。ここはFCバルセロナの非公開のトレーニング場。世界最高のフットボール選手リオネル・メッシが仕事場に「出勤」したところだ。

リオネル・メッシらの華やかなプレーの背後で、バルサで新プロジェクトが始動した photo by Getty Images 僕たちがフットボール選手の姿を見るのは、ほとんどがスタジアムだろう。しかし、選手たちが「労働時間」の大半を過ごすのは、彼らにとってのオフィス、つまりトレーニング場だ。クラブ創設者にちなんで名づけられたバルサの練習場シウタ・エスポルティバ・ジョアン・ガンペールは、バルセロナの街の西端に位置している。

 バルサは今、リーガ・エスパニョーラで26回目の優勝に向けて突き進んでいる。過去5回制しているチャンピオンズリーグ(そのうち4回は2006年以降)では、今シーズンも現在ベスト8にまで進出している。ソーシャルメディアでのフォロワー数は1億9000万人に達し、スポーツ界ではレアル・マドリードに次いで第2位だ。