2018.11.18

ルーニー、代表最後の晴れ舞台。
2年ぶりでもセンスは錆びていなかった

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 出番は、後半13分に訪れた。

「交代選手。ナンバー10、ウェイン・ルーニー!」のアナウンスが響くと、聖地ウェンブリー・スタジアムに駆けつけたサポーターは、スタンディングオベーションで主役を迎えた。

目を潤ませながらファンの声援に応えるウェイン・ルーニー この試合でゲームキャプテンを務めたMFファビアン・デルフ(マンチェスター・シティ)からキャプテンマークを受け取り、ルーニーがゆっくりとピッチに入る。最後の代表戦出場から約2年、代表引退発表から約1年3カ月が経過していたが、11月15日に行なわれた国際親善試合のアメリカ戦が事実上の引退試合に設定され、久しぶりにウェンブリー・スタジアムに舞い戻った。

 4−3−3の左FWの位置に入ると、投入から3分後に前線から自陣ペナルティエリア内まで敵を追いかけた。献身的にディフェンスを行なえば、後半26分にはペナルティエリア手前の位置から左足でシュート。さらに、センターフォワードにポジションを移していた後半アディショナルタイムに2度のゴールチャンスを掴んだが、いずれも決めきれなかった。

 試合後、ルーニーはスタンドを見渡し、サポーターの声援に拍手で応えた。「すばらしい夜。残念ながら得点できなかったが、この試合は記憶にずっと残る。ガレス(・サウスゲート監督)と選手たち、何年にもわたり応援してくれたサポーターに感謝したい」と感慨深げに語った。

 今回の引退試合でとくに目についたのが、ルーニーのサッカーセンスと万能性、献身性だった。

 昨シーズンまで在籍したエバートンで出番の少なさを訴え、今シーズンから米プロリーグMLSのD.C.ユナイテッドに移籍。主力としてD.C.ユナイテッドを牽引しているおかげで、身体は昨シーズンよりもフィットしているように映った。ただ、33歳の年齢には勝てず、全盛期に比べると身体のキレやスピードはやはり落ちていた。