2018.10.17

無敗がストップした新生スペイン代表。
常に抱える「危うさ」の正体

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Reuters/AFLO

 スペイン国内では、代表チームの地位が高いとは言えない。分断を象徴する「クラブ至上主義」(各地域代表という意味合い)が蔓延し、なかでもレアル・マドリード、バルセロナの存在は突出している。ロペテギが代表監督を放り出し、レアル・マドリードの監督に飛びついた理由もそこにある。

 ルイス・エンリケが順調に船出したのは間違いない。さまざまな力を結集することができれば、人材は豊富だ。

 しかし、スペインは常に危うさを抱えている。

関連記事