2018.09.01

メッシやネイマールがいてもダメ…南米勢が苦戦するワケ

  • photo by JMPA

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.36

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富なサッカー通の達人3人が語り合います。

 今回のテーマは、ロシアW杯で苦戦する国が多かった印象の南米勢。メッシやネイマールら、個の力は十分すぎるほど揃っていながら、優勝できなかった要因を考察します。連載一覧はこちら>>

倉敷 今回は南米勢について。中山さん、まずはブラジルです。もっと上に行くと思っていましたが、残念でしたね。

中山 それくらい強いチームだったと思いますし、前回の自国開催の時に準決勝でドイツに1-7で負けたという屈辱もありましたし、僕も今大会ではもう少し上に行けると思っていたのですが......。順当にいけば、フランスとブラジルが準決勝を戦うと予想して見ていたのですが、残念ながらカゼミーロが不在のベルギー戦で負けてしまったのは、少し運がなかった部分もありましたね。

 ただ、このチームは今大会ではベスト8で負けてしまいましたが、意外と評価はそれほど低くなくて、チッチ監督がそのまま続投ということになったのも、それなりに評価されていたからだと思います。なので、今後も期待ができるのではないでしょうか。

倉敷 キーワードのひとつは、「ネイマールはもっと頑張れなかったのか?」ということですが、ただ、彼は大きなケガをして、厳しいリハビリを積んで、何とか本番に間に合わせてきたというところは意外と報道されていないのでかばいたい部分もあります。データマンの小林君はブラジル敗退についてどんな記事が気になりましたか?

小林 ブラジルメディアでも、ネイマールに限らず、たとえばガブリエル・ジェズスにこだわった部分や、チッチ監督が今年2月くらいにスタメンを公表した部分など、「ちょっと甘やかしすぎたんじゃないか」という厳しい声がありました。それと、「やり方にこだわりすぎたんじゃないか」という反省を踏まえて、もう1度、4年後を目指していこうという雰囲気にはなっているので、チームの再建ぶりを含めてあらためて見てみたいですね。

倉敷 「ダニ・アウベスがいたら」という声は各国で出ていると思いますが、小澤さんは、今回のブラジルについてどう見ましたか?