2018.08.31

世界トップクラブのレギュラーだらけ。日本代表が負けたベルギーの魅力

蹴球最前線──ワールドフットボール観戦術── vol.35

 サッカーの試合実況で日本随一のキャリアを持つ倉敷保雄、サッカージャーナリスト、サッカー中継の解説者として長年フットボールシーンを取材し続ける中山淳、スペインでの取材経験を活かし、現地情報、試合分析に定評のある小澤一郎――。この企画では、経験豊富なサッカー通の達人3人が語り合います。

 今回のテーマは、ロシアW杯で躍進したクロアチア代表について。モドリッチを中心に粘り強く勝ち上がったチームのストロングポイントを分析します。連載一覧はこちら>>

倉敷 今回のお題はベルギーです。中山さん、日本のファンはベルギーにとても良い印象を持った様子ですね。

中山 これは日本の国民性なんですかね? そこはよく分からないんですけど(笑)。日本が負けた相手なのですが、この相手に負けるなら仕方がないということで、ベルギー人気に火が付いたのでしょうか。

倉敷 たしかに魅力的なチームでしたね。

中山 ええ。それと、あの試合(ラウンド16)を見ていた人が多かったというのもあるでしょうね。その後、知っているチームを応援しようということになったと思います。今回のベルギーは、すごくいいチームでしたしね。

倉敷 データマンの小林君、世界が見たベルギーの評価はどうですか?

小林 ブラジルの『グローボ』は少し面白おかしく「日本が勝ってくれれば良かったのに」と書いていましたけどね(笑)。そういう風な記事もありつつ、やはり全般的に評価は高かったと感じました。

倉敷 なるほど。では中山さん、ベルギーの印象から聞かせてください。