2018.06.23

「ドイツに勝ったメキシコ」の戦術に
必要な天才アタッカー。日本には…

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 6月17日、ルジニキスタジアム。伏兵メキシコが、世界王者ドイツを1-0で下す金星を挙げている。

 メキシコが勝てた要因は、その戦術練度の高さにあるだろう。長年かけて、ユース年代から一貫して同じコンセプト、同じ戦い方を貫いてきた。それぞれが持ち場を守り、ディフェンスでリズムを作りながら、その安定によって攻撃を促す。ボールプレーを追求しながらも、攻守の切り替えとカウンターの迫力を身につけることによって、より高い確率で得点を狙う。

 その基本が徹底されているだけに、システムも臨機応変、柔軟である。後半はドイツの猛攻を受けたものの、選手交代によって少しずつ立ち位置を変更することで対応。終盤には39歳のベテラン、ラファエル・マルケスを投入し、5-4-1という守備的布陣でしのぎ切った。

 メキシコの選手は規律正しい。戦術の求める動きができるし、1対1の激しさもある。また、繰り出すカウンターは鋭利だ。しかし、生真面目なだけでは強国には勝てない。

 金星の陰には、試合を決められる2人の天才がいた。

ドイツ戦で貴重な決勝ゴールを決めたイルビング・ロサーノ「サッカーの試合を見るよりも、何倍もNBAの試合を見ている方が楽しいね。レブロン・ジェームズは俺のアイドルだよ」

 プロサッカー選手でありながら、平気でそう言ってのける。それがメキシコの天才、カルロス・ベラ(29歳)という男である。つかみどころがない変わり者だ。