2018.06.07

ポーランド人記者がニンマリ。
「わが国民はハリル解任を喜んでいる」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao photo by NEWSPIX.PL/AFLO

「ポーランド人にとって日本戦は、まだだいぶ先の話。いまは国中が初戦のセネガル戦に集中している。何しろポーランドは本大会に出場した直近の2大会(2002年日韓、2006年ドイツ)では、最初の2試合でグループリーグ突破の可能性がなくなってしまったからね。

 もちろん、第3戦の日本戦が決勝トーナメントに進出できるか否かを決める大事な一戦になることは理解している。ただ、申し訳ないけど、ポーランドの多くの選手は初戦で日本と当たりたかったと残念がっている。ポーランド国内ではグループHで日本が一番弱いという認識があるのは事実なんだ」

 そう話すのは、ポーランドのスポーツWEBサイト「SPORT.PL」でポーランド代表の取材を続けるセバスチャン・スタスゼウスキ記者だ。

 ロシアW杯グループH第3戦で日本とポーランドは対戦する(6月28日・ボルゴグラード)。ポーランド国内では、日本は絶対に負けられない相手と見られているという。

ロベルト・レバンドフスキ(中央)らポーランド代表は国内で合宿中「たとえ何があろうと日本には勝つと、ポーランド中が期待している。自分たちにも多少の問題があるのはわかっているが、もし優勝を夢見るなら勝たなければならない。もし日本がポーランドから勝ち点1でも挙げたいなら、相当いい守備をする必要がある。

 ロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)だけを抑えようとしているなら痛い目にあうだろう。アルカディウシュ・ミリク(ナポリ)やカミル・グロシツキ(ハル・シティ)も得点力豊かな選手だということを覚えていたほうがいいだろうね」

 もともとポーランド国内での日本の評判は高くないようだが、スタスゼウスキ記者は3月の日本対ウクライナ戦を取材し、その後ハリルホジッチ前監督が解任されたことで、その思いは一層確かなものとなったという。