2018.06.06

セネガル番記者はハリル解任に驚き。
「負ければ会長の責任問題では」

  • 栗原正夫●文 text by Kurihara Masao photo by AFLO

 セネガルをはじめとする西アフリカのサッカー事情に詳しく、フランスの『Jeune Afrique』や『Le Monde Afrique』に寄稿するジャーナリストのアレクシス・ビルボール氏は、W杯グループHの日本対セネガル戦(6月24日、エカテリンブルク)についてこう話す。

「スタイルは対照的だ。セネガルはパワフルで身体能力が高いチームに、サディオ・マネ(リバプール)やケイタ・バルデ・ディアオ(モナコ)、イスマイラ・サール(レンヌ)らのテクニックが加味される。日本は賢くて、速くて、テクニックのある選手がいるが、フィジカル面には課題を抱えている。どちらが勝ってもおかしくない」

 グループリーグの力関係を考えれば、日本がグループリーグを突破するためには、セネガルにはどうしても勝っておきたいところ。セネガルから勝ち点を奪うには、何が必要になるか。

ルクセンブルク戦を見つめるエースのサディオ・マネ(左)とアリウ・シセ監督「私の考えでは、総合力ではセネガルが少しリードしていると思うが、日本にもセネガルからいい結果を出せるだけの力はある。昨年ミランからパチューカに渡った本田圭佑が調子を上げていると聞いているし、日本らしく速いテンポで、空中戦ではなく地上戦で、少ないタッチ数でプレーを進めれば、セネガルは相当苦しめられるはずだ。

 セネガルの売りは守備だが、身体能力に頼り、ラインが統率されているとは言い難い部分もあり、裏を取ったり、サイド攻撃をしかけたりして揺さぶることで綻(ほころ)びも見えてくることだろう。

 特に右サイドバックのラミーヌ・ガサマ(アランヤスポル/トルコ)は後方のスペースを空けて前に飛び出る傾向があり、右CBのムボジ・カラ(アンデルレヒト)もスピードがあるタイプでない。さらにムボジ・カラは、昨年末に故障して以来、しばらく実戦から離れていて、シーズンの最後の最後で復帰はしたものの、調子がどこまで戻っているかは定かではない。