2018.05.28

川島永嗣、2部降格の「チーム崩壊状態」も
心折れず、35歳のW杯へ

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 2試合を残して、すでにメスの2部リーグ降格は決まっていた。フランスリーグ事情に詳しい記者仲間からも、「メスは来季を見据えて若手GKトマ・ディディロンを起用するようだ」という話を聞いていた。実際に降格直後の試合では、35歳の川島永嗣は控えに回っていた。

川島永嗣に今シーズンを振り返ってもらった ところが、5月19日に行なわれたフランスリーグ最終節のボルドー戦を見るため、メスのホームスタジアム「スタッド・サン=サンフォリアン」を訪れると、配られたメンバー表のスタメンに『16 KAWASHIMA Eiji』という表記を見つけた。

「僕も契約のこと(川島とメスの契約は今季いっぱい)があるし、降格したら『もう試合に出ないだろうなあ』と思っていました。今日はホームの最終戦だから(フレデリック・アンツ)監督が使ってくれたんだろうなと思います。僕もヨーロッパの事情をわかっています。こういう状況で使ってもらえてうれしかった。ただ、結果がよくなかったのが残念です」

 今季のメスは17位トロワに勝ち点7差もつけられるダントツの最下位だった。私が見たボルドー戦のキックオフ前には、ゴール裏の一部サポーターが怒りを露わにしていた。それでもメスの選手には奮起する様子が感じられず、ボルドーにピッチの上を蹂躙(じゅうりん)されまくり、0-4という完敗を喫してしまった。

 川島によると、降格が決まってから「ケガ」と言い出してプレーをしなくなる選手も出るなど、チームのモチベーションの低下は明らかだったようだ。ここ2試合は控えメンバーの数すら揃わぬ有様(ありさま)だったという。ボルドー戦でDFラインを組んだ4人の平均年齢は21歳。とりわけ、両サイドバックのふたりはあまり出場機会のない選手だった。

「今日の試合が今シーズンで一番難しい試合でした。メンバーが限られていたし、スタメンで使える選手も限られていました。試合に出る選手同士で『最後はみんなでがんばろう』という話はしましたけど、難しかったです(苦笑)」