2018.05.27

やや苦戦→交代で采配的中。
ジダンの「自作自演」でレアルCL3連覇

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 レアル・マドリードがリバプールを3-1で下し、チャンピオンズリーグ(CL)史上初の3連覇を達成した。

 下馬評で上回っていたチームが順当に勝利した一戦といえば、それまでだが、展開的には波乱に富んだ目の離せない試合だった。

チャンピオンズリーグになって初の3連覇を成し遂げたレアル・マドリード リバプールは前半31分、右ウイングを務めるチームのエース、モハメド・サラーが故障で退場。下馬評の”弱者”はこれ以上ない痛手を被った。レアル・マドリードの一方的な展開になってもおかしくない状況に陥ったが、そうならないのがサッカーの面白いところ。レアル・マドリードはサラーがベンチに下がった後も、思い切り攻めあぐんだ。

 想起したのは昨季の決勝戦、ユベントス戦だ。うりふたつの展開だった。レアル・マドリードが先制するも、ユーベは即、同点に追いつく。今季もレアルが先制し、リバプールがすぐに追いついて試合はもつれそうなムードになった。

 レアル・マドリードはスタメン、そして布陣も昨季と同じだった。珍しい話だ。前線にクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマを置き、その下にイスコを配す中盤ダイヤモンド型4-4-2。2トップと2トップ下の3人は、間隔が狭くならないように気をつけていたが、この布陣の問題はサイド攻撃が決まりにくいことだ。

 サイドバックにボールが渡っても、その前方に誰かが必ず構えているわけではないので、ボールはライン際を進みにくい。早い段階で真ん中に入る。奪われる場所として、真ん中はサイドより危険だ。高度な技術の持ち主であるイスコを真ん中に置いても、そのリスクは解消されない。パスは円滑に回らない。うまくいったケースを見たことがないが、ジネディーヌ・ジダン監督はなぜかこの布陣に固執する。わざわざ苦戦の原因を作り出している。