2018.05.16

ブンデス日本人8選手を採点。
武藤、伊藤は合格も、代表常連たちは…

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko 千葉格/アフロ●写真photo by AFLO

 ブンデスリーガ2017~18シーズンが終了した。今週に入ると、キッカー誌ウェブ版のトップページも、ブンデスリガーガの話題からドイツ代表の話題に切り替わった。日本人選手もほとんどが帰国するなか、ドイツ杯決勝が残っている長谷部誠だけがフランクフルトでトレーニングを積んでいる。

 今季の日本人選手たちのプレーを振り返ると、失礼な言い方になってしまうが、総じてパッとしなかったと言えるのではないか。複数の選手が優勝争いに絡むチームで主力を張っていた時期に比べると、華々しさはない。逆にいえば、長くドイツでプレーする選手が増え、計算できる戦力としてチームに定着しているという側面もあるのだが。

 ブンデス1部で試合出場のあった8人について、現地での取材をもとに採点してみた(採点は10点満点で標準は6とする)。

最終節ホッフェンハイム戦でようやく復帰を果たした香川真司(ドルトムント)香川真司(ドルトムント)【6.0】 

 トーマス・トゥヘル時代の苦しみから解放されるかと思ったら、監督がペーター・ボスに交代しても定位置争いに勝ち切れなかった。だが、ペーター・シュテーガーが指揮を執るようになると、一転して香川自身が「キャリアのなかで最もよかったかも」と言うほどのプレーを見せるようになった。

 年をまたいだ第15節から第22節までの間は、ドルトムント加入2年目までのフレッシュさに安定感が加わり、チームを操る存在だった。だが、そんな絶好調のさなか、2月10日のハンブルガーSV戦で負傷。3カ月を棒に振った。最終節ホッフェンハイム戦で復帰を果たしたが、復帰までのプロセスでは、精神的な焦りも見られた。