2018.05.06

ベンゲルのようにクラブのすべてを
掌握する人物は、もう現れないだろう

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】さらば、ベンゲル(後編)

前編を読む>>

 アーセン・ベンゲル率いるアーセナルは、1997~98シーズンから2003~04年シーズンの間にプレミアリーグを3度制覇し、クラブの歴史で最も華麗なフットボールを繰り広げた。しかし偉大な改革者には、ライバルにすぐ真似されるという問題がつきまとう。ベンゲルのアイデアは、たちまちフットボール界に広がった。

ベンゲル(左)とティエリ・アンリ。2003~04シーズンにはリーグ戦無敗優勝を達成したphoto by Getty Images 2003年には10代のポルトガル人ウィンガーに目をつけ、ロンドンに呼び寄せた。背中に名前の入ったアーセナルのユニフォームを彼に与え、契約書にサインするよう説得した。ところがマンチェスター・ユナイテッドが横やりを入れ、若いポルトガル人選手にアーセナルを超える金額を提示して、かっさらっていった。選手の名はクリスティアーノ・ロナウドといった。

 同じ夏、ロシアの石油王ロマン・アブラモビッチがチェルシーを買収した。オイルマネーがフットボール界に流れ込みはじめ、アーセナルは蚊帳の外に置かれた。これが痛かった。ベンゲルは非常にフランス的な思考をして、金を使えばフットボールの試合に勝てる(「財政的ドーピング」と彼は呼んだ)というのは不公平だと考えた。

 ベンゲルは彼にふさわしい究極の栄冠に、あと一歩のところまで迫った。2005~06シーズンのチャンピオンズリーグ決勝では、残り15分の時点でバルセロナを1-0でリードしていたが、そこから2点を失って逆転負けした。

 翌年、僕はアテネのスタジアムでACミラン対リバプールのチャンピオンズリーグ決勝を見たのだが、ちょうど後ろの席にベンゲルがいた。ミランの選手たちがメダルを受け取るのを見ながら、ベンゲルは顔をしかめて、手のひらをぽんと拳で叩いて言った。