2018.05.02

C・ロナウド不発もレアル勝利。
W杯では拝めないクラブサッカーの真髄

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

 後世に語り継がれる名勝負とまでは言い切れないが、2カ月後に迫ったロシアW杯ではまず拝めそうもない、クラブサッカーの真髄を見るかのようなハイレベルの一戦だった。

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝第2戦、レアル・マドリード対バイエルン。第1戦のアウェー戦を1-2でものにしたレアル・マドリードは、開始4分に先制点こそ許したが、11分に同点ゴールを奪い、そして後半開始早々にもバイエルンのGKのミスで加点。通算スコアを4-2とした。レアル・マドリード優位が鮮明になった瞬間だった。

バイエルンを破り、CL決勝進出を決めたレアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドら サッカーでは2点差は「鬼門」と言われる。楽勝ムードの2点差から、1点差に縮まれば、尻に火がついた状態になる。この精神的な落差が、パニックを誘発し、通常の1点差より危うい状態に陥る、というわけだ。しかし実際に、2-0で勝っているチームが2-3で敗れる試合に遭遇するケースは少ない。鬼門といってもそれは、理屈優先の言い伝えではないかと思うこと、しばしばだ。

 だが、アウェーゴールルールで行なわれるCLの決勝トーナメントは例外だ。アウェーゴール次第で、2点差は事実上、2点差未満になる。1点差にされれば、次の失点は逆転弾を意味する。そのルールはスパイスのような控え目な効果ではない。もっと強烈な劇薬のようなしろものだ。

 この準決勝第2戦では、レアル・マドリードが浮き足立ったというより、バイエルンがモチベーションを上げたという感じがした。そして後半18分、試合は動いた。ハメス・ロドリゲスのゴールが決まり、ついに通算で1点差となったのだ。

 通算スコアは4-3。バイエルンが4-4に追いつけば、アウェーゴールは3となりレアル・マドリードを上回る。残り時間は、ロスタイムを含め30分強。事件は起きるのか否か。60対40で、試合の流れはバイエルンに傾いていた。