2018.03.21

岡崎慎司の想い「プレミアで点を獲れば
代表に…」はハリルに届くか

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

「まあ、仕方ないですね」

 3月18日に行なわれたチェルシーとのFAカップ準々決勝後の取材エリアで、レスター・シティの岡崎慎司はそうつぶやいた。

岡崎慎司の投入で試合の流れはレスターに傾いたのだが...... 試合は、アウェーのチェルシーが先制したが、ベンチスタートの岡崎が68分からピッチに立つと、流れはレスターに傾いた。投入から8分後には、レスターが同点ゴールを奪取。しかし、逆転ゴールを奪えないまま延長戦に突入すると、延長前半にチェルシーに追加点を許して1-2で敗れた。昨季リーグ覇者のチェルシーを苦しめたが、レスターはベスト8で姿を消すことになった。

 とはいえ、岡崎の起用効果は大きかった。「守備がハマっていない感じがした」と語る岡崎は、投入前に次のように狙いを定めていたという。

「普通に(自陣で)待ってるだけじゃ(だめ)。相手ボランチの(エンゴロ・)カンテが自由にプレーしていた。だから、ボランチのカンテやセスク(・ファブレガス)をどうやって追い込むか。センターバックにプレスをかけながら、相手ボランチを潰しにいく。そこがハマれば、自分たちが優位に立てると思っていた」

 その言葉どおり、岡崎が相手をひとり、ふたりと追いかけることで、レスターの力強さと躍動感が蘇った。たとえ、岡崎がボールを奪えなくても、積極的に寄せにいくことで、相手のパスが乱れる効果もあった。こうした岡崎のアグレッシブな姿勢により、試合の流れがレスターに傾き、76分の同点ゴールにつながったと言える。

 同時に、ゴールも狙いにいった。クロスボールが入ると相手DFのマークを外す動きを入れ、必死にシュートを放とうとした。78分には速い弾道のクロスに足を思いっきり伸ばして飛び込んだが、わずかに届かず。最前線のジェイミー・バーディーとの連係からチャンスを作るシーンもあったが、最後までネットは揺らせなかった。

 それでも、本人は手応えを掴んでいる。