2018.03.20

長谷部誠のヒザがピンピンしてる。
10戦連続フル出場にハリルも安心

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 長谷部誠(フランクフルト)は3月17日のマインツ戦で10試合連続フル出場を果たしている。

マインツ戦にフル出場、3-0の勝利に貢献した長谷部誠(フランクフルト) 中盤あるいはディフェンスで起用される長谷部にとって、本来であれば取り上げるべき数字ではないだろう。しかし、去年の年末までは膝の故障で常時出場は叶わなかった。本人も「毎日、膝に調子を聞かないとわからない」と、断続的な不調と付き合っていることを匂わせていたし、この夏でフランクフルトとの契約が切れることをドイツメディアに聞かれると、「膝のこともあるし、クラブが二の足を踏むのもわかる」というような回答をしていた。

 その様子から、今年に入ってからも、膝の具合を見ながら休み休みいくのだろうと思っていた。ところが、後半戦に入ると一転、長谷部はドイツ杯マインツ戦を除くすべての試合でフル出場を果たしている。キッカー誌などの採点でも安定した評価を得ており、チームも現在4位と好調だ。

 日本代表の欧州遠征に向けて、「2試合とも出場するつもりか?」と問われると、苦笑しながらこう答えた。

「やるつもりというか、それは監督が決めることだし。コンディション的にもずっと試合には出ていますし、連戦もこなしていますし、問題ないですね。足はもう問題ないです」

 長谷部はマインツ戦、立ち上がりはリベロで出場し、フランクフルトは前半のうちに3得点を挙げている。その後、マインツが得点を狙ってシステムを変えてくると、今度はボランチに入って対応した。長谷部がこのところ強調するのは、自身がチームのシステム変更を可能にする存在であるということだ。