2018.02.03

マンC史上最高額でCB。グアルディオラの
「お買い物」は吉と出るか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Victoria Haydn/Getty Images

 1月30日、プレミアリーグ、マンチェスター・シティは、アスレティック・ビルバオの左利きセンターバック、エメリク・ラポルト(23歳)を、クラブ史上最高額となる移籍金6500万ユーロ(約87億円)+育成金500万ユーロで獲得したことを発表している。

 ラポルトを熱望したのは、シティの指揮官であるジョゼップ・グアルディオラだった。2016年6月にも仮契約まで話が進んだものの、当時、ケガで戦列を離れていたラポルト自身がサインを渋って、アスレティックに給料倍増のうえ残っている。今回、移籍金を倍増した形で契約が成立した。

 シティはこれで、バックラインだけで2億7000万ユーロ(約350億円)を投資したことになる。はたして、グアルディオラ・シティはどこまで強くなるのか?

アスレティック・ビルバオからマンチェスター・シティに移籍したエメリク・ラポルト 今シーズン、シティは他を寄せつけない強さを見せている。第24節で対戦したニューカッスル戦は、3-1というスコア以上の独壇場だった。ボール支配率は81%と圧倒的で、シュート数は21本、パス成功数はなんと800本(相手は191本)。第25節のWBA戦も3-0と圧勝、すでに2位マンチェスター・ユナイテッドを15ポイントも突き放し、すでにプレミアリーグの覇権は見えつつある。

 シティは欧州制覇も視野に入れる。そこで万全を期し、MFケビン・デブルイネと2023年まで契約を延長。さらにアーセナルからチリ代表FWアレクシス・サンチェスの獲得も目指していたが、こちらはユナイテッドの横槍が入ったことで頓挫した。

 しかし、最大の懸案だったセンターバックには、ラポルトという望み通りの選手を加えることに成功した形だ。