2017.11.10

バルサ、レアルも狙うビルバオの
若き守護神ケパ・アリサバラガの素顔

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

「『こういう選手になりたい』。そんな流れが途切れずに続いていた。偉大なるGKの継承があった。それがバスク人GKの成功の秘訣だ」

スペイン代表にも選ばれたビルバオのGK、ケパ・アリサバラガ スペイン北部のバスク地方。かの地のフットボール関係者たちはそう口を揃える。50年代はカルメロ・セドゥルン、60~70年代はホセ・アンヘル・イリバル、70年代後半はハビエル・ウルティコエチェア、80年代はルイス・アルコナーダ、90年代はアンドニ・スビサレッタ。スペイン代表のゴールマウスは決まってバスク人たちが守り、代表キャップ数はこの5人だけで300近い。

 だが、その流れは途切れてしまった。

 1999年、ワールドユース決勝で日本を打ち砕いたスペインのゴールを守ったのは、ダニエル・アランスビアという若手バスク人GKだった。大会では年少のイケル・カシージャスを抑えて正GKの座を守っており、将来を嘱望されていた。ところが、所属するアスレティック・ビルバオで過去の英雄たちと比較され続けたことで、重圧に潰されてしまった。その後もゴルカ・イライソスというGKがアスレティック・ビルバオで試合出場を重ねたものの、代表には選ばれていない。