2017.09.12

CL制覇を狙う欧州ビッグクラブ、
「賢いお金の使い方」はどこだ?

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by Getty Images

 今年も、欧州フットボール主要リーグの夏の移籍期間が終わった。移籍金の最高額が大幅に更新されるなど、今夏も大きな動きがあり、勢力図に変化が起こりそうな気配もある。

ネイマール、ムバッペを獲得するなど、大きな話題を集めたパリ・サンジェルマン 今週に開幕するチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージの前に、CLに出場する8つのビッグクラブのアップデートされた姿を確認しておきたい。

パリ・サンジェルマン(フランス)
【IN:ネイマール、ダニ・アウベス、キリアン・ムバッペ(ローン)など】
【OUT:セルジュ・オーリエ、ブレズ・マトゥイディ、ジャン=ケビン・オギュスタンなど】
 
 今夏の移籍市場の主役は、カタールのパトロンを持つパリのこの人気クラブだった。ネイマールの獲得に費やした推定2億2000万ユーロ(約288億円)は、これまでの史上最高額の倍以上。さらには期限最終日に、モナコからムバッペを1年間のローン契約で迎え、今季終了後には総額1億8000万ユーロ(約234億円)で完全契約に切り替える構えだ。

 エディンソン・カバーニら既存戦力に2人の”世界最高クラス”を加えた前線は、レアル・マドリードやバルセロナに匹敵する陣容となった。カバーニ、ネイマール、ムバッペが初めて揃い踏みした第5節のメス戦では、日本代表GK川島永嗣からそれぞれがゴールを奪い、5-1と圧勝している。また、世界最高のSBのひとり、アウベスをフリーで引き抜いており、直近のブラジル代表戦にはPSGに所属する選手が最多の4人に。クラブの大いなる野望を実現しうる強力なスカッドができあがった。