2017.09.13

内田篤人とシャルケ、相思相愛の7年間。
退団セレモニーは盛大だった

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by AFLO

内田篤人とシャルケの7年(前編)

 ブンデスリーガ第3節シャルケ対シュツットガルト戦を前に、7年間在籍したシャルケを退団、ウニオン・ベルリンに移籍した内田篤人の退団セレモニーが行なわれた。

シャルケの退団セレモニーでサポーターに手を振る内田篤人 内田がシャルケを去ったのは8月18日のことだった。代理人とともにオフィスを訪れる姿をビルト紙のカメラにキャッチされた日だ。実際にチームメイトに別れを告げたのはもう少し前で、その週の最初のトレーニングだった。

 今回の移籍は、あくまでも今季の立ち上げからドメニコ・テデスコ監督体制のもとでの自らの出場機会を見極めた上での判断だった。テデスコをはじめ、クリスティアン・ハイデルSDやコーチングスタッフも、内田と同じ認識だった。他のクラブで出場機会を得るほうがお互いのため。だからこそ、極めて円満にウニオン・ベルリンへの移籍が決まった。

 ところが、クラブ全体としての認識はそうとも言えなかったようだ。

 8月上旬に行なわれたSchalke Tag(英語でいうSchalke Day)と名付けられた、シーズン開始前のファン感謝デー的イベントで、今年のメインキャラクターに据えられていたのは内田だった。パンフレットやポスターなど、あらゆる刷り物は内田をメインに作られていた。負傷から今季こそ本格復帰すると期待された内田を、クラブとして推していたわけだ。