2017.08.18

香川真司が復帰プランを自ら語る。
ブンデス日本人選手10人の最新状況

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 いよいよ今週末に開幕するブンデスリーガ。そのリーグ戦に先立って行なわれたドイツ杯1回戦が、多くのチームにとって公式戦の初戦となった。その試合を中心に、日本人選手の現状をおさらいしておく。

ドイツ杯1回戦リーラジンゲン戦の後半61分から出場した香川真司 順調な調整具合がうかがえるのが武藤嘉紀(マインツ)だ。相手は4部リューネブルガーのため参考記録といったところだが、72分までプレーし、チームの3得点のうち2得点を挙げている。もう1点のPK を獲得したのも武藤のプレーだった。武藤にとって今季は、ケガをしないことと、日本代表に返り咲くことがテーマになる。

 フランクフルトの2人の調子もよさそうだ。3月にケガをした長谷部誠は4部TuSエルンテブリュック戦で完全復帰。最終ラインではなくボランチで先発しており、指揮官からの信頼は揺るぎない。新加入の鎌田大地も先発を果たし、右MFでプレーした。この試合ではチャンスに絡むことができず、地元紙から酷評されてはいたが、プレシーズンマッチでも起用されて戦力として機能している。時間とともに成長が期待できる。

 酒井高徳(ハンブルガーSV)は、主将として2シーズン目を迎えたが、3部オスナブリュックに敗れてしまった。今季もチームの主軸のひとりであることは間違いないが、もうひとつ突出したプレーを求めたいところでもある。