2016.06.21

なんと4強のうち3カ国、アルゼンチン人監督がコパ・アメリカを席巻

  • 三村高之●文 text by Mimura Takayuki photo by Getty Images

ベネズエラ戦で今大会初めて先発出場したメッシ ブラジルとウルグアイが早々と姿を消したコパ・アメリカでは、代表チームだけでなくアルゼンチン人指揮官の活躍が目立っている。

 準々決勝に進出した8チームのうち、何と5チームもの監督がアルゼンチン人なのだ。グループBでブラジルを追いやったエクアドル(ブラジル戦は0-0)のグスタボ・キンテーロと、ペルー(ブラジル戦は1-0)のリカルド・ガレッカ。コロンビアのホセ・ペケルマン、チリのフアン・アントニオ・ピッツィ、そしてアルゼンチンのヘラルド・マルティーノが大舞台で手腕を発揮している。

 チャンピオンズリーグでも、ディエゴ・シメオネ率いるアトレティコ・マドリードが決勝に駒を進め、敗れたとはいえレアル・マドリードにPK戦までもつれこむ好勝負を演じた。アルゼンチン人監督の株は急上昇している。

 一方、敗退したブラジル連盟は、すかさずドゥンガを解任した。ドゥンガは五輪監督も兼任しており、この時期になって五輪代表は監督不在という緊急事態だ。空白期間を最小限にするため、連盟はわずか2日後に後任を発表した。

 五輪監督には、昨年ニュージーランドで開催されたU‐20W杯でブラジルを準優勝に導いたロジェリオ・ミカリが昇格。A代表監督には、コリンチャンスを率いて2012年のクラブW杯を制したチチが就任した。