2016.04.14

バルサ、アトレティコに完敗。CL連覇を逃したメッシの「王様プレー」

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki  中島大介●撮影 photo by Nakashima Daisuke

  アトレティコの前に敗退し、憮然とした表情のメッシ チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝で、バルセロナがアトレティコ・マドリードに敗れた。事件であることは確かだが、まさかの番狂わせが起きたという感じではない。バルサが2−1で勝利したカンプノウの第1戦を見れば、結果は予想できた。第1戦のアトレティコの敗因はあくまでフェルナンド・トーレスの赤紙退場によるもので、それがなければ別の結果に終わっていた。バルサは1点差の勝利が精一杯だった、と思う。

 1週間後の再戦で、戦いの中身が劇的に変化する可能性は、バルサ監督のルイス・エンリケが、特別な手立てを講じない限り難しいだろうと予想したわけだが、そのサッカーはシーズンが深まるにつれ、悪化の一途を辿っている。

レアル・マドリードにホームで1−2で敗れた4月2日のクラシコしかり。R・マドリードがよかったと言うより、バルサが悪かった。この準々決勝も、アトレティコの健闘は何より讃えられるべきだが、長い目で見るとそれと同じぐらい、いやそれ以上に、バルサの好ましからざるサッカーについて言及したくなる。

 CLで2連覇を達成したチームは88~89、89~90年のミラン以来、出現していない。今季のバルサは2連覇をかけて戦ったわけだが、今回が初めてではない。5回目の挑戦だ。2度目の優勝を遂げた05〜06シーズン以降の10年間でこれで実に4回。つまり、連覇という視点で捉えれば、バルサはこの10年のうち4回連続で失敗したことになる。毎度、本命と言われてスタートしながら、最後で失速するパターンだ。