2016.04.13

C・ロナウド3発でレアル逆転勝利。見えた「個人の力」の魅力と限界

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 中島大介●撮影 photo by Nakashima Daisuke

ヴォルフスブルク戦でハットトリックを決めたクリスティアーノ・ロナウド チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦、レアル・マドリード対ヴォルフスブルクは3−0。トータルスコア3−2で、R・マドリードがヴォルフスブルクに逆転勝ちを収め、準決勝へ順当に駒を進めた。

 波乱は起きなかった。前半15分と17分、クリスティアーノ・ロナウドの連続ゴールが決まり、2−2とした時点で、番狂わせの期待は10~20%程度に急降下した。とはいえ、決勝ゴールが生まれたのは後半32分。ヴォルフスブルクは試合時間にしておよそ1時間、粘った。その間に限れば、R・マドリードは大苦戦を強いられた。第1戦で活躍した相手の両ウイング、ブルーノ・エンリケ、ユリアン・ドラクスラーがケガで退場するというラッキーにも救われた。

 R・マドリード強し。このきれいな逆転劇をそう捉えるのが一般的な見方だろうが、必ずしもそうとは言えないというのがこちらの印象だ。決勝ゴールを直接FKで奪い、ハットトリックを達成したC・ロナウドの凄さは十分に伝わってきた。しかし、R・マドリードというチームとしての強さが伝わってきたかといえば、ノーだ。

 先制点の際は、右サイドバック、ダニエル・カルバハルのセンタリングが、相手DFの身体に当たり、コースが変わるというラッキーがあった。2点目はコーナーキックからのヘディング。3点目はFKだ。優れたコンビネーションから、組織的に攻め立てて奪ったゴールではない。