2016.01.19

こぼれ球を狙い続けた岡崎慎司。
今季4点目は「運じゃない」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 1月16日に行なわれたプレミアリーグ第22節・アストンビラ戦で、レスター・シティの岡崎慎司が今季リーグ4ゴール目を挙げた。

ゴールを決めてチームメイトに祝福される岡崎慎司 この日の岡崎は前節のトッテナム・ホットスパー戦から2試合連続で先発出場を果たし、FWジェイミー・バーディーとともに2トップに入った。時折、中盤に戻ってパスワークや守備に参加したが、第17節のエバートン戦から得点意識を高めているように、この試合でも最前線でゴールを狙う動きを頻繁に見せた。

 19分にはペナルティエリア手前の位置でパスを受け、左サイドにボールを展開。折り返しのクロスを狙ってファーサイドに突進する。元イングランド代表DFのジョリオン・レスコットにクリアされてシュートこそ打てなかったが、高い得点意欲を示した。

 こうした仕掛けの意識が実を結んだのが、28分の得点シーンだ。味方のゴールキックからバーディーが直接ループシュート。この時点ですでに岡崎は猛ダッシュを開始し、前方にいた相手DFを抜き去ってゴール前まで突っ走った。GKが弾いたこぼれ球を拾って押し込んだシュートは、ブロックされたように見えたが、ゴール判定で得点が認められた。

「あの場面だけを見たら、『よくいたな』と思うかもしれないですけど、全部(詰めて)いるので。そこは自信を持っている。運じゃないですね。プレミアリーグに来てから、ずっとあればっかりを狙っていたから、むしろ遅すぎたというか。『やっと来たな』という気がした。