2015.09.28

ドルトムントまたドロー。香川真司によみがえる悪夢

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 サイドの位置が高いというのは、攻撃的なチームにとって諸刃の剣となる。

「両サイドが高いですから、簡単な取られ方したらカウンターを食らいやすい。取られ方が今日もこの間(ホッフェンハイム戦)も悪いところが多いのかなという気はする」

 そして悪いボールの取られ方から早い時間帯に失点することで攻撃面にも影響が出る。

「取られたことによってみんな、リスクを負ってボールを受けたくないというか、あまり引き出しがなくなってきて、後ろで回しているけど前の動きがなかったり、連動性が見えてこなかったり。そういう流れはあるのかなと思います」

 この日はいったんは逆転に成功しながら、試合終了間際に追いつかれている。発端はセンターサークルからのセットプレー。それをゴール前でつながれ、最後はこぼれ球にスルが反応した。ロングボールを競り合った味方の後ろでフリーになっていたスルは冷静に右足を振り抜き、追いついた。

 ダルムシュタットのシュスター監督の話を聞いていると、ドルトムントは徐々に弱点が露呈している感がある。