2014.10.01

本田圭佑はそのプレイでスポーツ紙の主役になった

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari
  • 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

オフィシャル誌編集長のミラン便り2014~2015(5)

 3試合で2ポイント、これがここ1週間でミランがサポーターに贈ることのできた結果だ。

 ミラニスタたちを熱狂させたスタートダッシュはユベントスによってストップをかけられ、その後のセリエAに昇格したばかりのチーム(エンポリとチェゼーナ)とのアウェー戦ではどちらも引き分け。無敵のミラン復活を期待していたサポーターたちは正直がっかりだったろう。現在、ミランは自分たちに合ったプレイを模索しているところで、非常にデリケートな時期と言っていい。インザーギの頭の中には、多くの考えが詰まっているのは確かだ。

エンポリ戦後、ファンの声援に応える本田圭佑(BUZZI/FOOTBALL PRESS) さて我らが主人公、本田圭佑だが、イタリアから遠く離れている皆さんにはわからないかもしれないが、とにかくこの数週間、本田はスポーツ紙の主役なのだ。火曜日のエンポリ戦では見事な左足のシュートを決め、各紙が高い評価を彼につけた。今や本田はインザーギ・ミランになくてはならない存在、チームの軸である。

 日曜日のチェゼーナ戦でもミランは非常に魅力的なフォーメーションでピッチに立った。これも本田の安定した持続力のあるプレイのおかげである。1トップのフェルナンド・トーレスの後ろには本田、メネス、ボナヴェントゥーラのオフェンスを天職とする3人。彼らはよく攻めたが、同時に守備にも手を貸した。インザーギは何度も攻撃陣をサポートするよう他の選手たちに指示しなければならなかった。